相続税対策としてやるべきこととして理解しておくべき点

2016年8月26日

毎年贈与することが大事

贈与税というのがありますが実は非課税の額が毎年あります。それが110万円であり、これは一人当たりすることができます。つまりは、子供がいれば全員にやることができますし、孫がいればそこにもやることができます。伴侶などもよいですし、子供達の配偶者もやってしまうとよいでしょう。これはよい相続税対策として非常にお勧め出来ることになります。ちなみに他の贈与と併用することができることもありますから、チェックしておきましょう。

孫の教育資金などを援助

相続税の対策としては少しでも自分の卑属に多くの金額を非課税で渡しておくことであり、その一つの方法として孫の教育資金の援助です。これは公的に認められた節税方法であり、相続税非課税額分とはまた別になります。これもやっておいたほうがよいでしょう。もちろん、教育費用がかかるような年齢である、と言うことが重要になってきますし、すべて丸々支払っても良い、というわけではありませんが、検討する余地がある部分になります。

マンション経営をすること

あまりにもお金があり、相続税が大変というのであればいっその事、マンション経営に乗り出すことがお勧めできます。まず、資産価値が丸々評価されるわけではないのでかなりの節税になります。つまりは、例えば1億円を現金で相続するのと1億円のマンションを相続するのとでは後者のほうがよいのです。しかし、不動産経営に関しては所得税に関する優遇もありますし、かなりお勧め出来る相続税対策であることは確かといえるでしょう。

相続が発生した時に相続税対策をしても間に合いません。早い時期に対策をしましょう。まず、どれだけ財産があるか調べ、財産の種類によって対策をたてましょう。専門の税理士に相談するの良いでしょう。